字を書いて相手への思いを

昨今ではインターネットの普及によりメールを利用する機会が増え、手紙を書く機会がほとんどなくなってしまいました。
年賀状を送る方も非常に減っており、新年の挨拶などをメールでやりとりされる方が多くなっています。
特に若い世代の方はスマートフォンのLINEと呼ばれるメールや電話などを総括できるアプリを活用している方が多く、寒中見舞いや新年のお祝い、結婚報告などをLINEで報告されている方も少なくありません。
確かにメールや電話などの情報伝達ツールは手間もかからずすぐに相手に伝える事ができて便利です。
しかし手紙にはメールにはない良さがあります。
手紙には手書きする事で自分の気持ちをより相手に伝える事ができる良さがあります。
字には人それぞれ特徴があり、また自分自身の気持ちのあり方がそのまま字に出てしまいます。
その為特別な人などの場合には手書きで伝えられる手紙が効果的です。
メールでしか自分の思いを伝えた事がない方は1度手紙を書いて自分の思いを伝えてみてはいかがでしょうか。
相手の方もきっと喜ばれます。
自分は字が汚いから少し躊躇してしまう、そう思われている方も少なくありません。
しかし誰が打っても同じになってしまうメールよりも遥かに自分の気持ちがこもっています。
メールの文字は誰が打っても同じですが、ご自身が手書きされた字は誰にもマネする事ができません。
ですので特別な相手に思いを伝えるのであれば手紙が一番です。
手紙を送る為には便せんや封筒、切手が必要です。
便せんや封筒には様々なデザインの商品がありますので、シチュエーションに合わせた便せんや封筒選びをされるといいでしょう。
また切手を自分で貼らなければならないタイプがほとんどですので、送る際には必ず切手を自分で貼って送るようにしましょう。
切手は郵便局やコンビニで購入可能です。
切手の貼っていない手紙は当然送られる事はありませんので、必ず貼り忘れがないか確認してください。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>